看護師の給料のすごさ

私は以前、看護師さんとお付き合いしていたことがありました。

その時は私が24歳、彼女が22歳だったと思います。私は大学を卒業し、彼女は看護学校を卒業して、お互い働きはじめの頃だったと思います。ちなみに私は市役所勤務、彼女は民間の総合病院勤務でした。

お互いとっても仲がよく、あちこちデートに行ったり、食事に行ったり、本当に色々なところにお出掛けしました。

そして、そういったデートにかかる費用は、当然に男として私が支払っていました。また彼女の誕生日やクリスマスには、頑張ってブランドものの財布やアクセサリーをプレゼントしました。

彼女には負担をかけたくなかったので、高価なプレゼントは必要ないと言っていたので、いつも彼女からはパンツや靴下など、お手頃な日用品をプレゼントしてもらっていました。私は彼女が毎日働いて頑張って稼いだお金で買ってくれたプレゼントなので、値段に関係なく本当に嬉しかったです。

そのような中、ある日、彼女の部屋に遊びにいった際に、ひょんなことから給料の話になりました。

私は公務員でしたので、不景気な中でも給料は安定しており、大企業には及ばないものの、満足いく金額をいただいておりました。だから全く隠すつもりもなく、むしろ誇らしげに前月の給料を彼女に話しました。

すると急に彼女が自分の給料を言いにくそうにしたのです。多分、私との差がありすぎて恥ずかしいのだろうと思いました。

私は「気にしなくていいから教えてよ」と言うと、彼女はしぶしぶ自分の給料明細を差し出しました。その数字を見た瞬間、私は目を疑ってしまいました。私の1.5倍ほどの給料をもらっているではありませんか。

私はその時、看護師のすごさを思い知りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です